上京引越しが不安なあなたへの10のヒント

ヒント1:上京引越し後、東京で友達はできるのか?【後編】

それでは、上京して友達を作るための方法についてです。

上京して最初が一番大事!「出身はどこ?」を使え

前のページで、入社式、入学式の場でにいる8割の人は、そもそもみんなお上りさんであると言いましたね。それがもはや友達作りのために必要な全てなのです。つまり、横に座っている人も上京引越ししてきて不安な気持ちをもっており、あなたと同じように「友達できるかな・・・。」と思っているってことですね。

ですので、上京して友達を作るコツはただ一つで、最初の入社式、入学式の場で、とにかく色んな人に話しかけることです。なんて話しかければよいか分からないという場合は、ありきたりなこんな一言でよいでしょう。

「こんちは!これからよろしくね。出身はどこ?」

って感じで大丈夫です。この質問をしていく中で、あなたは周りの人が本当にほとんど東京出身でないことに気がつくでしょう。中には自分と同じ地方(九州、四国、中国、東北、などなど)の人もいることにも気が付きます。同じ地方であるとだいたい似た方言を話しますし、急に親近感が湧いてきます。

ココで得られることは、上京組は自分だけじゃないんだと気がつけることです。

友達作りは、グループができてからでは遅い

気をつけるべきは、↑の最初のタイミングから時間が立てば立つほど話しかけづらくなることです。それはなぜかというと、自然とグループやコミュニティができて、オープンだった空間が少しづつ閉じてくるからです。

この感覚は子供の頃から少しは感じてると思いますので、なんとなく理解できると思います。そしてグループが固まるほどに、グループの外から入ってくるものに対して拒絶意識が高まってきくるものです。

これは人間の(日本人の?)本能に近いものなのかもしれないです。小学校の1クラス30?40人いるのに、よく遊ぶのは自分が所属するグループの友達だったでしょう?そしてどのグループに入れない子や、逆にどのグループにも入れる子もいたはずです。

こういう本能もあるので、入社、入学など最初のタイミングでできるだけたくさんの人に話しかけてください。それによって、あなたはどのグループにも入れるようになるので。

ということで、最も大事なことは、一番最初の、みんなが「友達できるかな・・・。」と思っているタイミング(とても話しやすい空間)のうちに、がんばりなさいということです。ぜひこのタイミングを逃さないように!

P.S.

ちなみに、大人ならではのテクニックですが、お酒が入ると↑のグループの閉鎖意識や、グループ外の人を拒絶する本能は一気に弱くなりますので、飲み会の場ならグループが固まったあとでもガンガン行けますよ。あなたも酔って勢いがあるはずですし。。

コンパにお酒が必須なのもこのためです。知らない男女グループ同士が仲良くなれるのは、お酒の魔力なんですねー。

上京に悩む学生