上京引越しが不安なあなたへの10のヒント

ヒント2:上京する時どの街に住めば(引越しすれば)いいのか?

2番目にみんなが悩む上京の不安点として.上京して東京のどの町に住めばいいのか?が出てくると思います。これは地方に住む人にとっては死活問題で、まだ見たこともない土地や家を、そこい行かずに契約しなければならない訳ですから、ごもっともな悩みになります。

上京後に住む街を選ぶための、たった一つの最重要方針

そして、どこに住むか?という悩みは永遠のテーマで、すでに東京に住んでいる僕らでも日々迷っていることです。とはいえ、何かしらの判断基準が無いと一生住む家なんて決められません。なので、ボクの方で最も重視すべき指針を(ホントに簡単に)定めました。

全ての人は、次の表のプランAとプランBのどちらかを選択してもらうことになります。

  • プランA:都心に住む
    • メリット :快適な短時間通勤!毎日刺激的な生活でドキドキ!
    • デメリット:家賃が割高で生活を圧迫。部屋は少し狭めになる。
  • プランB:郊外に住む
    • メリット :家賃や物価が安くて家計が助かる!広い部屋に住める!
    • デメリット:毎日長時間通勤。終電も早い。上京したワクワク感が無い。

はいそうです。びっくりなくらい簡単な分類ですが、この表が示していることは実に本質で、プランAはとにかくわくわくする楽しい東京生活を満喫できますけど、それと引き換えにお金(家賃)は高いよってことです。

反対に、プランBの方は、今まで住んでた田舎とあんまり変わらないんじゃないかという街に住むことになり、ちょっと東京の楽しさっていう部分はかなり薄れてしまいますけれども、引き換えにお金(家賃)は安くてすむってのがメリットです。

世の中には、もっといろんな住む街を決めるパラメーターがありますけど、極端に言えばこの2つのプランのどっちかを選ぶだけで十分だと思います。

住む街の決定法!住みたい街から1駅づつずらして検討する

では、住みたい街決定のための手順を順を追ってご紹介します。

①住む街の決定には、自分が一番好きな街、毎週行きたい街、わくわくする街をまず決めます。
 (上記の住みたい街ランキングも参考になるでしょうね。)

②その自分が一番好きな街を走る路線(電車)が何かを検索します。

 Googleで「東京 路線図」と検索してみれば網の目になった路線図が探せます。
 たとえばココなんかはJRや私鉄なども全て含まれている路線図が見れていいですね。

 株式会社メイク 東京路線図

③自分の好きな街を走る路線が決まったら、そこから自分のお財布と相談です。
 ー不動産サイトで住みたい街の物件や相場を見ます。
  この辺のサイト↓が首都圏ではおすすめです。
   お部屋探しマスト!MASTの賃貸
 ーその街の相場が高すぎるなら、その隣の駅の物件と相場を見ます。
 ーそれでも相場的にきついなら、さらにその隣り、その隣、その・・・と少しずつズラしていきます。

④おっ、ここなら家賃大丈夫という相場の街があれば、そこがあなたの街です!

↑の①〜④はかなりざっくりした決め方ですが、東京を散策して物件を探せない以上、この探し方で十分だと思います。上京生活は望めばずっと続くのです。本当に住みたい街は、いざ東京に引っ越して慣れてから探しても遅くないので!

って感じで、上京後の住みたい街を探してみてくださいませ。

上京に悩む学生