上京引越しが不安なあなたへの10のヒント

前回、東京と地方でファッションの違いは確実にあるとご説明させていただきましたが、今回はその対策編です。対策といっても気をつけて欲しいのが、間違った思い込みによる乱買いです。

田舎者だとバカにされないように、全身ブランド品やファッション誌の服を買い漁るのはお財布にも自分の印象にも良くありません。

1万円を超えるような高い服ばかり狙わなくても、安く、しかも自分のセンスで選ばずに東京ファッションを身に着けていく方法を考えていきたいと思います。

上京したオシャレに自身がない人が狙うべき東京ファッション

今回の記事の対象は、そもそもオシャレに興味を持ってない、オシャレにまったく自身の無い、でも上京してから自分のダサさが目立ってしまうのではないか?と不安を感じているかたです。(できれば、地方特有のオシャレが東京でも問題ないと思っているかたにも読んでもらえると多少は参考になるかと思うのですが。)

そして、目指して欲しいファッションのレベルはめちゃめちゃオシャレな人ではなく、東京で浮かない、普通にオシャレだねという程度。そのレベルであれば、今までオシャレに興味を持っていなかった人でも誰でも到達できると思います。ボク自身が変われましたので。

東京で浮かない普通のオシャレレベル到達に必要な要素

まず考えるべきは、東京でダサくないレベルになるために必要な要素です。以下の3つの要素が必要だと思います。

  • ・ジャストサイズまたはややタイト目なサイジング
  • ・キレイ目なスタイル(地味すぎもNG)
  • ・ガラの無い無地なもの

そもそもファッションでダサさの決めてとなるのは、柄や素材、色使いなどよりも、サイズに問題があるケースがほとんどだと思います。特にサイズが大きすぎの場合が非常に多いです。

極端な例ですが、いわゆるアキバ系のかたはやっぱりオーバーサイズのかたが多かったりします。

なんでオタクは態々ダサい服を着るのはどうして? : 気になる2ちゃんねる(n´・ω・`n)
(↑リンク先記事の、最初の画像をごらんください。)

サイジングの次に考えるべきこととして、オシャレの感覚が身につかないうちは、ガラを避けて無地の服を選ぶのが良いと思います。スタイルが良いスポーツ選手がサイズもぴったりな服を着ていても、ガラが悪いとそこでNGになったりするからです。

以下の記事がまさにサイジングがOKでもガラがNGになっている例だと思います。香川選手・長谷部選手は服のガラがポイントでダサいとコメントが付いています。対して、吉田選手は無地の服をうまく着こなしており、好印象を得ています。

サッカー日本代表・香川の服がダサいと話題に|ブラックニュース

以上より、好印象を生む「普通なオシャレ」のためには、ジャストサイズ、キレイ目で無地の服が良いです。

服をどこから調達すれば良いのか?

最後に服の調達先ですが、そもそもオシャレに興味が無かった人が、東京のオシャレ街を回って必要な服を買い揃えるのは精神的にかなりキツイと思います。そのため、基本的には調達方法はネット通販を基本とします。(最終的には実店舗で試着をして購入するべきですが。)

ネットだと服屋を回る苦痛がなく、また、上京前の段階で地方から服を購入することができメリットが多いです。

しかし、ネットの弱点である、試着ができないことから、サイズが大きすぎる服を買ってしまう問題があります。また、ネットショップは基本的に大量の商品が並んでいて、どれを買って良いのか、またどの服とどの服を組み合わせていいのか迷ってしまって逆に買えない問題もあります。

洋服のネット通販といえばZOZOTOWNが有名ですが、まさに上記の商品数が多すぎて選べない・コーディネートできないの典型になりがちです。

自分の服を買うときに、上記のことを考えながら20サイトくらいネットショップを見ましたが、最終的にスプートニクスというネットショップに行き着きました。

SPUTNICKS(スプートニクス)

このサイトの基本コンセプトが「キレイめスタイルがスキだ」となっており、今回の記事の考え方にぴったりなことと、扱っている服の点数があまり多くなく、そのほとんどの服がガラ無しの無地のもの、サイジングがダボつかないタイトめのものを揃えているという点が非常に好印象です。(値段もシャツが3000円台から買えるのも良いです。むしろ、ホントはそこが一番のポイントだったかも…。)

主なコンセプトは以下のような、シャツにチノパン、シャツにジーパンのような、職種(学生含む)や年齢など問わず、誰にでも合い、当たり外れの無い良い感じのスタイルになります。

注意点としては、サイズは絶対にジャストサイズを買って下さい。むしろ、一サイズ小さ目でも良いと思います。上記の写真を見てもらえば分かりますが、ジャストもしくは、やや小さめくらいな着こなしがオシャレ感を演出しています。

いままでの服がLだったから、今回もLサイズを買うのではなく、この機会に巻尺でもう一度本当のサイズを測りなおししてもよいと思います。ここが本当に分かれ目ですので。(ボクは身長171cmでユニクロでもどこでもMサイズが推奨されますが、7割がたの服はSサイズを買います。)

サイズに関しての事例ですが、これは笑い話ではなく、本当にあった話です。子供の成長期のころは、体がすぐに大きくなってしまうので1サイズくらい大きめの服を買うようにしていましたよね。(子供服のオシャレにこだわりがある家庭でなければ、どの家庭も親がそうしていると思います。)

そのままいつしかおとなになり、体の成長が止まったにも関わらず、その子どもの時の服のサイズ選びの名残で、気づかないうちに1サイズ大きめを自分のジャストサイズとしている人がいました。。服の企画と、自分の体のサイズを一度きちんと測ったほうが良いという教訓です。

次にコーディネートの選び方についてです。

上着とパンツの組み合わせ方は、もう何も考えずにサンプルの写真と同じ組み合わせを迷わず買って下さい。写真の組み合わせそのままのセットを何セットか買うと、上着とパンツがクローゼットに増えてきますので、各セットの組み合わせをズラして着てみても良いです。ここの商品はあまりドギツイ色味などないので、だいたいどの組み合わせでも合います。(さすがに同じ色の上下の組み合わせは避けて下さい。)

だいたい上着とパンツを1回に1着づつ買うと、上下で1万円ちょっとになり、送料が無料になるのでちょっとお得になります。

この買い方で服を選ぶと、ちょうど「普通にオシャレ」な感じになり、東京でも浮かないキレイめな感じを、誰でも何も考えることなく作り出すことができますので、ぜひお試しください。

この無難なオシャレができるようになったら、少しづつ普通な感じを”ハズす”オシャレや、自分の個性を出すことを目指してください。スプートニクスくらいの写真レベルの組み合わせの服を着ていけば、実店舗にも恥ずかしがらずに行けますよ。

なんだか偉そうに語ってしまいましたが、ボクは実際にこの写真と同じ組み合わせ買いと、サイズはジャストか小さめを買うという教訓で随分ファッションが良くなりました。(昔はダボダボの古着着てました…。)

ボクの教訓がみなさんのお役に立てれば幸いです。

上京に悩む学生